2017年01月02日

「インダス文明の地に、新たなる巨人帝国の息吹!」

久しぶりの更新となる”月刊「世界のリングから」”。
今回はインド共和国のプロレス団体「Continental Wrestling Entertainment」を紹介いたします。
こちらの団体、元WWEスーパースターのグレート・カリが2015年12月にスタートさせ、興行は勿論のこと、選手育成も行っており、人口13億1000万人の国ですから今後沢山のスターが生まれる可能性があるので、これからが非常に楽しみになってくるのではないかと思います。
また基本的にジム内でイベントを行うため、試合数もこなせ、若い選手にとっては非常に経験値が上がる環境になっていると言えるでしょう。
近年、アジア各国でも多くのプロモーションがスタートしていますが、選手の体格が一番しっかりしている感じもするので、数年後にはこの団体出身のレスラーがアメリカ、日本で活躍するのではないでしょうか。
















posted by タカハシキヨシ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊「世界のリングから」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

獣神、「世界のリングから」:ライガー選手の海外での試合特集

いよいよ、獣神サンダーライガー選手の
WWE NXT「Takeover Brooklyn」出場が現地時間の本日8月22日となりましたが
ここでもう一度ライガー選手の過去の海外での試合を振り返ってみたいと思います。

vs. Rey Mysterio : WCW Starrcade 1996


vs. Psicosis : WCW 1999.12.06


vs. Bryan Danielson : ROH 2004.05.11


vs. Samoa Joe : TNA Bound For Glory 2005


UWA Hardcore Wrestling VS Toryumon : UWA HARDCORE WRESTLING 2007.5.26,27



La Ola Amarilla vs. Atlantis, Black Warrior & Ultimo Guerrero : CMLL Super Viernes 2009.9.11


vs. John Morrison : PWS 2013.04.05


Jushin Thunder Liger & Mike Quackenbush defeat Jigsaw & The Shard : CHIKARA 2013.04.06


vs. Robbie Dynamite : All Star Wrestling UK 2014.10.03


Hiroyoshi Tenzan & Jushin Thunder Liger vs. Byron Wilcott & Michael Tarver : NWA BOW Alamo City Invasion 2013.10.19


vs. Martin Kirby : PCW SuperShow 3 2013.11.15


vs. Emil Sitoci(Dutch Heavyweight Title) : DPW Japanese Conflict 2013.11.17


vs. Roy Knight : SOW Super Clash 2014 2014.3.29


vs. Colt Cabana : PWS Refuse 2 Lose 2015.2.21


vs. Jay Lethal : ROH Supercard Of Honor IX 2015.3.27


vs. Steve Anthony : NWA Vendetta Pro Wrestling 2015.4.13


これだけでも結構な試合数なのですが更に凄いことに
これをupしているアカウントは団体の公式アカウント、選手の公式アカウント、団体に近いメディアのアカウントのもので、
非公式のアカウントを含めればもっと多くの動画がupされているのです。

公式アカウントに上げることで、自分の団体にライガー選手が出場したというステータスになりますし
ライガー選手の試合動画は世界中から検索されるでしょうから
それだけでアカウントに人が集まる要因となる、とも言えるでしょう。

そしてついにWWEのリングに立つというのは本当に前代未聞の事件であり
それは日本のプロレスファンとしてもっと誇りに思って良い事だと思います。

日本でも「J SPORTS」(http://www.jsports.co.jp/program_guide/57312.html)
で放送されるということなので
普段WWEを観ない方もこれを機会にご試聴される事をおすすめ致します。

ラベル:NXT CMLL ROH WWE WCW PWS
posted by タカハシキヨシ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊「世界のリングから」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

月刊「世界のリングから」Vol.1 〜MMA大国におけるプロレスリング〜

「月刊世界のリングから創刊。世界各地で行われる様々なプロレスを
 毎号毎号試合を収録したDVDと詳しい解説が掲載したマガジンでお届け! 
 創刊号は890円、お求めは書店で ×ィ×ゴス×ィーニ♪」

何てものが存在すれば良いのですが今のところそんな予定すらなさそうなので
ないならないで作ってしまおうって事で始めましたこの企画。
月刊と言ってはみたもののそんな簡単に事は進むのでしょうか?

ってことで、記念すべき第1回は「MMA大国におけるプロレスリング」。
そう、ブラジルです。
ブラジルと言えば、グレイシー一族でお馴染み「ブラジリアン柔術」や
ヴァンダレイ・シウバ選手達の所属していた「シュートボクセアカデミー」
等の印象もあり、断然総合格闘技のイメージが強いでしょう。
ボク自身、ほんのつい最近までブラジルにプロレスがあることなど知りませんでしたし
そもそもブラジル出身の選手も殆ど聞いたことがありません。
往年の名レスラー「ボボ・ブラジル」さんはウィキペディアによると
「リングネームの「ブラジル」は「人種差別の無いブラジルに行きたい」という子供の頃の夢から」
ということでブラジル出身ではなくアメリカ出身とのこと。
「ジャイアント・シルバ」選手や「モンターニャ・シウバ」選手
又、新日本プロレスに入門した「イワン・ゴメス」選手が日本で活躍した数少ない選手だと言えます。

そんな国に果たしてプロレス団体など存在するのでしょうか…?
するのです!その名も
"Brazilian Wrestling Federation" 略して「BWF」!!
http://bwf.com.br/site/
2002年の旗揚げですから創立約13年。
今まであまり知ることのなかった団体がここにベールを脱ぐ!!

と、ここまで書いておきながらあることを思い出しました。
2013年に「プロレスリングNOAH」が遠征してるました!
http://www.noah.co.jp/tour_detail.php?tour_id=1122
確かその模様がG+で放送されたはずなので記憶がある方もいらっしゃるはず。

とはいえ、それ以降殆どこの団体について報じられることもなかったので
それはそれと言うことでお許しを。

選手のことはポルトガル語で「Lutadores」
女子選手は「Divas」なんですね。
サイズはだいたい100kg前後の所謂ジュニアクラスが多く
マスクマンがいたり、ペイントレスラーがいたりバリエーションも様々。
MMA色は殆どなくルチャとアメリカインディー系をミックスしたスタイル
というか、いろいろ見て研究したって感じでしょうか?

体型的にもまだまだな選手も多く、会場もお祭りやイベント会場に設置されたリングのような時もあるので
どちらかと言えば日本のローカルインディー団体に近いのかな、と勝手に想像しておりますが
かといって、こういう中にも光る選手が出てくることもあるので
興味がある方は是非とも毎週upされる
"BWF"youtube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/BWFBrazil
「BWF Telecatch」をチェックされることをお勧め致します。




今後も動画がupされ次第、当blogで紹介していきたいと思います。
こちらも要チェック。
BWF Facebookページ https://www.facebook.com/bwflutalivre
BWF Twitterアカウント https://twitter.com/bwfoficial

と言うことで、駆け足での紹介となりましたが今後も不定期的に
このような世界各地のプロレス団体、プロモーションを発掘していきますので
何卒よろしくお願いします。
第2回目は予定通りに事が運べば、あの国のあの団体かなぁ。





posted by タカハシキヨシ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊「世界のリングから」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする