セドリック・アレクサンダー (Cedric Alexander)



名前:セドリック・アレクサンダー (Cedric Alexander)
身長:178cm / 体重:91kg
出身地:アメリカ合衆国ノースカロライナ州シャーロット
誕生日:1989年8月16日
デビュー:2009年7月17日
トレーナー:ジョージ・サウス
主なタイトル歴:AML Prestige王座、CWF Mid-AtlanticTV王座、EVOヘビー級王座、EWAジュニアヘビー級王座、PWF Undisputed王座、PWI Ultra J王座、PWXヘビー級王座、PWX InnovativeTV王座、WrestleForce王座、WWE 24/7王座、WWE NXTクルーザー級王座
Twitter:https://twitter.com/CedricAlexander
Facebook:https://www.facebook.com/WWECedricAlexander
Instagram:https://www.instagram.com/cedricalexander1/
WWE公式ページ:https://www.wwe.com/superstars/cedric-alexander
テーマ曲:CFO$「I Won't Let Go」

ジョージ・サウスのコーチを受け2009年7月17日デビュー。2011年よりROHに参戦。カプリス・コールマンとタッグチーム結成。「C&C Wrestle Factory」と名付けられたこのチームはROHタッグ戦線で活躍。また、ROHの他、CWFミッドアトランティック、PWX、AML、EVOLVE、などのインディ団体でも活躍。各地でタイトルを獲得し、中でもEWAのジュニアヘビー王座には547日間も君臨するなど頭角を現す。ドイツwXwの「16 Carat Gold Tournament 2015」にも参戦。アメリカ以外でも戦いの場を広げていくことに。2015年5月、新日本プロレスとROHが合同開催した「ROH/NJPW Global Wars 2015」ではオカダ・カズチカとのシングルマッチも実現。2016年6月、WWE「クルーザー級クラシックトーナメント」への参加がアナウンスされる。トーナメントは2回戦で飯伏幸太に敗れたものの、そのままWWEに残留。11月よりスタートした「205Live」の中心選手の1人に。2018年1月、前王者エンツォ・アモーレがWWEよりリリースされたため空位となったクルーザー級王者決定トーナメントに出場。4月「Wrestlemania34」のキックオフショーで行われたトーナメント決勝戦で、ムスタファ・アリを破り新王者に輝く。2019年「スーパースターシェイクアップ」でRAWに移籍が発表されるも、なかなか活躍の機会に恵まれず「Main Event」での試合が中心となっていったが、2020年3月、リコシェとタッグを結成し新たな活動をスタートさせた。なぜかインディー時代には来日するチャンスに恵まれず、初来日は2018年8月の「WWE LIVE」となった。

参考サイト:https://www.cagematch.net/?id=2&nr=11151


2012.06


2013.01


2013.02


2014.01


2014.11


2015.04


2015.05


2015.06


2015.08


2015.09


2015.10


2016.01


2016.04




2016.05


2016.06




2016.08






2017.07


2018.04


2018.11


2019.01


2020.03


2020.04







この記事へのコメント