アリスター・ブラック (Aleister Black)



名前:アリスター・ブラック (Aleister Black)
身長:183cm / 体重:93kg
出身地:ネーデルラント王国(オランダ)北ホラント州アルクマール
誕生日:1985年5月19日
デビュー:2002年
トレーナー:ボブ・シュライバー、ジョニー・キッド、クリス・ヒーロー、ナイジェル・マッギネス、マイク・クアッケンブッシュ
主なタイトル歴:CWN Mittelgewichtsmeisterschaft王座、FCP王座、FWGライト級王座、ICWタッグ王座、ICWAヨーロピアンタッグ王座、ICWAフランスヘビー級王座、ICWAヘビー級王座、PROGRESSタッグ王座、PWHタッグ王座、PWSヘビー級王座、SWEタッグ王座、wXw統一世界レスリング王座、wXw世界ライト級王座、wXw世界タッグ王座、WWE NXT王座
Twitter:https://twitter.com/WWEAleister
Facebook:https://www.facebook.com/WWEAleister/
Instagram:https://www.instagram.com/Aleister_Black/
WWE公式ページ:https://www.wwe.com/superstars/aleister-black
テーマ曲:「Root of All Evil (Aleister Black) [feat. Incendiary] 」WWE and CFO$ (feat. Incendiary)

幼少期からTVでプロレスを見ていた影響で、空手、柔術などの武道を習い始める。その後、リングス、PRIDEに来日したボブ・シュライバーの元で修行した後、15歳からはプロレスになるためのコーチを受けるようになり、17歳で念願のプロレスラーとなる。地元オランダや、ドイツ、イギリスなどの欧州マット、トミーエンド(Tommy End)のリングネームで活動。2011年、マイケル・エンドとのタッグチーム「The Sumerian Death Squad」で大日本プロレスに初来日。2012年12月の来日では大晦日の「年越しプロレス」にも参戦。そのまま2013年1月、大日本プロレス後楽園ホール大会では、ヤンキー二丁拳銃の持つBJWタッグ王座に挑戦。

2014年3月、新日本プロレスより、ドイツwXwに参戦したKUSHIDA選手とも対戦。10月には獣神サンダー・ライガー選手との念願のシングルマッチが実現した。

ドイツwXw「16 Carat Gold Tournament」2度の優勝、英国PROGRESS「Super Strong Style 16」優勝などを経て、2016年6月WWEと契約。10月よりNXTのハウスショーでデビュー。2017年1月、英国ブラックプールで開催された「WWE UK王座決定トーナメント」に本戦とは関係のないネヴィルとのシングルマッチで出場。その後リングネームをアリスター・ブラック (Aleister Black)に改め、4月の「WWE NXT TakeOver: Orlando」対アンドラ―デ・アルマス戦でTVデビュー。2018年4月「WWE NXT TakeOver: New Orleans」にて、アンドラ―デ・アルマスを破りNXT王座獲得。2019年2月、リコシェとのコンビで「ダスティ・ローデス杯タッグトーナメント」優勝。4月には「WrestleMania 35」スマックダウン・タッグ王座フェイタル4ウェイ戦に出場。2020年4月「WrestleMania 36」ではラシュリーをシングルマッチで破った。

参考サイト:https://thebritishwrestlingrevival.wordpress.com/2013/08/11/interview-tommy-end/
      https://www.cagematch.net/?id=2&nr=1700


2006.02


2008.09


2010.07


2012.01


2012.04


2013.04


2014.03





2014.06


2015.04








2015.05




2015.06


2015.08




2015.09


2015.10


2015.12


2016.04




2016.06


2016.07


2016.08








2016.09










2017.01


2018.04


2019.02


2019.03


2019.04


2019.04










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック