AJスタイルズ (AJ Styles)



名前:AJスタイルズ (AJ Styles)
身長:180cm / 体重:98kg
出身地:アメリカ合衆国ジョージア州ゲインズビル
誕生日:1977年6月2日
デビュー:1993年3月、マスクマンのMr.オリンピアとしてデビュー
トレーナー:リック・マイケルズ (Rick Michaels)
主なタイトル歴:CWEヘビー級王座、FWE世界ヘビー級王座、TNA世界ヘビー級、TNA世界タッグ、TNA X-ディヴィジョン王座、TNAキング・オヴ・ザ・マウンテン王座、IWAミッドサウス・ヘビー級王座、IWCスーパー・インディ王座、IWGPヘビー級王座、IWRキング・オヴ・インディー座王座、MPWユニヴァーサル王座、MXPWテレヴィジョン王座、Naturalヘビー級王座、NKPWAジュニア・ヘビー級王座、NWA Wildsideヘビー級王座、NWA世界ヘビー級王座、NWA世界タッグ王座、NWA世界テレヴィジョン王座、PPWタッグ王座、PWG世界王座、RevPro Undisputedブリティッシュ・ヘビー級王座、ROH Pure王座、ROH世界タッグ王座、WWAインターナショナル・クルーザー級王座、WWEユナイテッド・ステーツ王座。現在、WWE 王座を保持(2018年10月28日現在)
Twitter:https://twitter.com/ajstylesorg
Facebook:
Instagram:https://www.instagram.com/ajstylesp1
WWE公式:http://www.wwe.com/superstars/aj-styles
テーマ曲:Dale Oliver「I Am
テーマ曲:北村陽之介「STYLES CLASH
テーマ曲:CFO$「Phenomenal

NCW(National Championship Wrestling)が運営するNCWトレーニングスクールでトレーニングを積みデビュー。2002年に旗揚げされた「NWA-Total Nonstop Action」が新設した「NWA TNA X Champion」の初代王座を奪取した辺りから徐々に知名度が上がり始めた。又、同時期に「ROH」にも旗揚げ当初から参戦。2006年頃までは両団体で活躍した。TNAでは設立当時同団体管轄下であった、NWA世界ヘビー級、NWA世界タッグ王座。同団体が新設した世界ヘビー級、世界タッグ、X-ディヴィジョン、キング・オヴ・ザ・マウンテン王座を獲得する。2013年、TNAを退団。2014年4月、新日本プロレスに突如乱入し、プリンス・デヴィットの抜けた、BULLET CLUBの新メンバーとして参戦表明。5月、オカダ・カズチカを破り、IWGPヘビー級王座を奪取。2016年1月4日、中邑真輔の持つ、IWGPインターコンチネンタル王座に挑戦。翌5日、試合後、仲間のケニー・オメガらに襲撃されBULLET CLUB追放。この試合が、新日本プロレスでの最後の試合となる。その後、WWEと契約を交わし、同月24日「Royal Rumble 2016」に出場。4月「Wrestle Mania 32」にてクリス・ジェリコとのシングルで初出場。9月「Backlash 2016」では王者ディーン・アンブローズに勝利しWWE世界王座を獲得。2017年1月、「Royal Rumble 2017」で、ジョン・シーナに敗れ、WWE王座を失う。4月「Wrestle Mania 33」にてシェイン・マクマホンと対戦。7月7日、WWE Liveにてケビン・オーエンズよりWWE US王座を奪取。23日に行われた「Battleground 2017」で前王者に敗れるも、 25日、「SmackDown Live」にてオーエンズ、クリス・ジェリコとトリプルスレットマッチによる王座戦で勝利しベルトを奪取。10月の「WWE Hell In A Cell 2017」で同王座は失うが、11月「SmackDown Live」にてジンダー・マハルを破りWWE王座を奪取。同月19日に開催された「Survivor Series 2017」では、ユニヴァーサル王座のブロック・レスナーとノンタイトル戦ながら王者同士のシングルマッチも実現した。2018年4月「Wrestle Mania 34」にてRoyal Rumbleに勝利したシンスケ・ナカムラの挑戦を退け、WWE王座を防衛する。余談ではあるがWWネットワーク内で日本語実況のFUNAKI選手が「本人に聞いたところ"AJ Styles"というリングネームにはアメリカンスタイルとジャパニーズスタイルの融合の意味が含まれている」と解説した。






























































アンケートモニター登録

この記事へのコメント